書籍紹介

僕が見たアフガニスタン

Afghan Blue

久保田弘信 著

写真

10年の撮影を通して見た、希望にあふれるシーンを収録

1997年〜2008年の10年にわたりアフガニスタンの撮影を続けてきた報道写真家、久保田弘信氏の集大成。
●社団法人日本図書館協会選定図書 (第2681回平成21年4月8日選定)

本書に寄せて
「久保田さんの写真は、大変困難な状況に置かれているアフガニスタンの人たちの日常生活と彼らの表情を色鮮やかに描き出しています。多くの方がこの写真集を手にとられ、アフガニスタンの人たちの現在、そして未来に思いをはせていただきたいと思っております」
(第8代国連難民高等弁務官 緒方貞子さん)

THE PAGE 久保田弘信×シリア

書誌データ

定価
2000円+税
ページ数
80ページ
判型
B4変型
発行
初版発行:2009年3月20日
ISBNコード
978-4-7709-0051-7

著者プロフィール

久保田弘信(くぼた・ひろのぶ)

岐阜県生まれ。 報道写真家。日本写真家協会会員。アジア・中東地域を中心に現地に密着した海外取材を行う。ニューヨークのテロ事件以前からアフガニスタンで取材を続け、アメリカによる攻撃後は、パキスタンに流入する難民を積極的に取材した。アフガン難民の姿をテレビ朝日、TBSなどでリポートする一方、難民の子供たちの素顔をとらえた個展を多数開催。現在も母国に帰国した難民たちを継続して取材している。 2001年には、写真展「Afghanistan Refuge inch’allah」(キャノンサロン)を開催。写真集に『who? 報道されないアフガンの素顔』(平和出版)、『空爆の下で・僕らの知らないイラク戦争』(ASIANEWS)がある。

ネットで購入

書店在庫を確認